ビルメンが食いっぱぐれる理由とは?国家資格で安定は本当?

ビルメン

近年、都市部の高層ビルが増加する中、ビルメンテナンスの重要性が高まっています。

この業界の安定性や需要の増加を背景に、「ビルメンで食いっぱぐれはない」という言葉が浮上してきました。しかし、実際のところ、この言葉の真実度はどれほどなのでしょうか?

本記事では、ビルメンテナンス業界の現状や求人動向、そして実際の待遇について徹底的に探ることで、このフレーズの真偽を明らかにします。業界への興味や転職を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

ビルメンとは?

ビルメンとは、ビルメンテナンスの略で、オフィスビルや商業施設、ホテルや病院、マンションなどの建物の維持管理をする仕事です。

ビルメンの具体的な仕事内容や、どんな一日を過ごしているかをまとめた記事もあるので、気になる方はこちらの記事もぜひ読んでみてください。

ビルメン業界の安定性は?

ビルメンは下記理由から比較的安定しているといえます。そのため、今後も食いっぱぐれる可能性は少ないと思います。

持続的な需要

ビルメンテナンス業界は、ビルや不動産の管理といった、持続的で安定した需要に支えられています。建物が存在する限り、それらの維持・管理は必要不可欠です。

将来AIによる自動化や少子高齢化によるビルの減少があることは予想されますが、ビルメンの仕事がなくなるということはなく、一定量の需要は存在するでしょう。

参考記事:ビルメン業界の将来性は?AIによってビルメンは仕事がなくなるのか

多様な業務内容

ビルメンテナンスは清掃、設備保全、エネルギー管理、リニューアルなど、多岐にわたる業務を担当します。これにより、ビルメンテナンスの仕事は一部の業務が減っても他の業務で補えるという柔軟性を持っています。

例えば、AIやロボットの出現により、清掃業務や検針業務が自動化しても、報告書作成や電気設備のメンテナンスなど別の業務が多数あります。

法規制による保護

ビルの安全やエネルギー効率など、ビルメンテナンスに関連する法規制は年々厳しくなっています。これらの法規制は、ビルメンテナンス業界の需要を一定に保つ一方で、資格保有者の価値を高めています。

特にSDGsの流れで、エネルギー関連の法律は厳しくなっており、電気主任技術者、エネルギー管理士といった資格をはじめ、エネルギーに直接的にかかわる資格の重要度は増すと思われます。

これらの理由から、「ビルメンは食いっぱぐれない」という言葉が生まれ、その事実性を裏付けています。業界の特性や社会的な要請から見ても、ビルメンテナンスは安定した業界と言えるでしょう。

ビルメンで食いっぱぐれはないためには

ビルメンで食いっぱぐれはないためには、どんなスキルが必要なのでしょうか。

個人的には下記3つが重要になるのではと考えています。

広範囲の業務を遂行できる

ビルメンテナンスには、清掃、設備保全、エネルギー管理など、多岐にわたる知識が求められます。これらの知識を身につけることで、あらゆる業務に対応できる力が身につきます。

今後AIにより一部業務の自動化が起こっても、複数の仕事ができることで、食いっぱぐれのリスクを最小化することができます。

独占業務がある取得

ビルメンの資格には、「この資格がないと業務ができない」「一定規模の施設ではこの資格を持った人を置かないといけない」といったものがあります。安全性を重視するこれからの社会では。AIが発達しても、独占業務はなくならないのではと思います。

ビルメン4点セットビルメン3種の神器など、独占業務がある資格の取得は、安定した仕事を保証してくれるものになるでしょう。

独占業務がある求人は年収も高い傾向にあります。詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください。

コミュニケーション力の向上

ビルメンテナンス業界では、クライアントやテナントとのコミュニケーションが重要となります。彼らのニーズを理解し、適切な提案や対応を行う能力は、業務の質を高め、長期的な関係を築く基盤となります。

既に、ビルメンの求人では「営業・販売経験者歓迎」や「コミュニケーションスキルがある方」など、コミュニケーション能力が高い人を採用したいという意図がうかがえるものも多くあります。

今後、AIの発展により、単純なメンテナンス業務の量が減り、顧客資産の価値最大化のための提案に業務の比重が置かれていくことになると思います。

ビルメン業界に転職するには?

未経験からビルメン業界に転職するには、相応の準備が必要になります。

というのも、ビルメンの有効求人倍率は0.79倍。100人ビルメンで働きたい人がいても79件しか求人がないというのが実情です。特に下のランキングに乗っているような優良企業ともなると、倍率は10倍以上という企業もあります。

【2024】ビルメン偏差値&転職難易度ランキング

未経験の方がビルメンに転職するためにすべきことを、転職エージェント視点でまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

ビルメン未経験者が転職成功するための5つのポイント

まとめ

「ビルメンで食いっぱぐれはない」という言葉を検証した結果、確かにビルメンテナンス業界は現在の都市化の進行とともに、安定した需要が見込まれる分野であることがわかりました。

しかし、食いっぱぐれがないとは言え、業界内でも待遇や労働環境の差は存在します。転職や新規就職を考える際には、単に安定性だけでなく、企業の福利厚生や教育制度、キャリアパスなどもしっかりとリサーチすることが重要です。

最後に、ビルメンテナンスは技術や知識が求められる職種であるため、絶えず学び続ける姿勢が成功の鍵となります。業界の動向をキャッチアップし、資格取得など自身のスキルアップを怠らないことが、長期的なキャリアの安定に繋がります。

まずは転職エージェントに無料相談してみよう!

転職エージェント目線で、ビルメンの転職にお勧めの転職エージェントをまとめました。

転職をすると決めていない方も、情報収集を始めるには早いに越したことはありません。ぜひ転職エージェントを有効活用してください!

ビルメン転職のプロが教える!おすすめエージェント3選

コメント

タイトルとURLをコピーしました