ビルメンからビルマネへ!キャリアアップと年収UPを目指す

ビルメン

ビルメンとしての日々の経験は、高度な管理職、ビルマネへのステップアップの土台となるものです。多くのビルメンが将来のキャリアアップや年収の増加を切望していますが、実際にはそのための具体的なアクションや戦略を知らない人も少なくありません。

ビルマネージメント職は、管理能力やコミュニケーションスキル、そして戦略的思考が求められるポジション。これらのスキルを磨き、ビルメンからのキャリアアップを現実のものとするためには、どのようなステップを踏めば良いのでしょうか。この記事では、ビルメンからビルマネとしてのキャリアを目指すための具体的なアドバイスやポイントを深掘りしていきます。一緒に、次のステージへの道を探求してみましょう。

ビルマネージメントとは?

ビルメンとビルマネの違い

ビルメンとビルマネは似ているようで異なる職種になります。違いを下記にまとめました。

ビルメン(ビルメンテナンス)

  • 定義: ビルメン、あるいはビルメンテナンスは、建物の維持管理を担当する職種や業務を指します。
  • 主な業務: 建物の清掃、修理、設備の点検や保守、日常のトラブル対応など、建物を安全で清潔に保つための活動が中心です。
  • 求められるスキル: 手技や専門的な技術、機械や設備の知識などが必要とされます。

ビルマネジメント(ビルマネ)

  • 定義: ビルマネジメントは、建物の運営や管理全体を戦略的に、効率的に行うための業務やその専門家を指します。
  • 主な業務: 建物の長期的な維持計画の立案、テナントとのコミュニケーション、契約管理、業者との折衝、安全管理、コスト管理など、総合的な管理が求められる活動が中心です。
  • 求められるスキル: コミュニケーション能力、戦略的思考、経営的な視点、法律や契約に関する知識などが重要です。

ビルマネの仕事内容

ビルマネ、正式には「ビルマネジメント」とは、ビルや不動産物件の運営や管理を効率的かつ戦略的に行う専門家を指します。彼らの仕事内容は多岐にわたり、その核心は物件の価値を維持・向上させることにあります。

  1. テナントとのコミュニケーション: ビル内のテナントや入居者のニーズを理解し、適切なサービスを提供することが求められます。また、契約更新や条件交渉もビルマネの重要な業務の一つです。
  2. 安全・保安管理: 火災や災害時の対応策の策定、定期的な設備点検やドリルの実施など、物件とその利用者の安全を確保するための業務が含まれます。
  3. 設備・施設の維持・管理: ビルの老朽化を防ぎ、設備や施設を最適な状態に保つための点検、メンテナンス、必要に応じたリニューアルなどを行います。
  4. コスト管理: 物件の運営コストを最適化するための予算策定や支出の管理、業者との交渉などが求められます。
  5. 戦略的物件管理: 長期的な視点での物件の価値向上策や投資計画を策定し、実行に移す業務も行います。

ビルマネの仕事は、物件の持続的な価値を確保することを中心に、多様なスキルや知識を要求される職種です。確かな経営的視点と専門的知識が求められるため、経験を積み重ねることでキャリアの幅も広がります。

ビルマネの年収

ビルマネージメントのプロフェッショナル、ビルマネの年収は、経験やスキル、担当する物件の規模や場所などによって大きく変動します。この記事では、一般的なビルマネの年収の傾向と影響する要因について解説します。

未経験

業界への新参者や経験が浅いビルマネの年収は、平均的に約400万円~600万円の間で推移します。この段階では、基本的な業務の遂行や知識の習得が中心となります。

経験年数1~5年

経験やスキルが一定程度蓄積され、物件の運営や戦略的な業務を任されるようになると、年収も600万円~1,000万円の間に増加します。

経験年数10年以上

複数の大規模物件の管理や経営戦略の策定など、上級の業務を担当するビルマネの年収は、1,000万円以上となることも珍しくありません。

ビルマネになるには?

未経験からビルマネになるには、具体的にどういった資格や経験が必要なのでしょうか。転職エージェントの目線から、必須事項をまとめてみました。

必須資格

ビルマネージメントの専門家としてのキャリアを追求する際、特定の資格はプロフェッショナルとしての信頼性や知識の証明となります。以下は、ビルマネとしての活動をサポートする主要な資格についての概要です。

宅地建物取引士

不動産取引全般の知識を証明する国家資格。テナントの募集や契約交渉時には、この資格があると非常に有利です。

ビルクリーニング技能士

ビルの清掃やメンテナンスに関する専門的な知識や技能を持つことを証明する資格。ビルの維持・管理に関連する業務に役立ちます。

ファシリティマネージャ

国際的に認知されている資格で、ビルや施設の効率的な運用・管理に関する幅広い知識を持つことを証明します。

環境設計評価士

環境やエネルギーの観点からのビル評価に関する知識や技術を持つことを認定する資格。環境対応型のビルマネージメントに必要です。

宅建が必須になっている企業は一定数ありますが、他資格については、あれば評価します程度の要件の会社が多いです。

基本的にはビルメンで評価される資格+宅建と覚えておけば大丈夫です。

必須経験

ビルマネジメントの専門家として成功するためには、資格だけでなく、実践的な経験が不可欠です。以下は、ビルマネとしてキャリアを積む上での重要な経験領域を概説します。

物件の運営・管理

ビルや施設の日常的な運営や管理経験は基本中の基本。ここでは、トラブル対応や設備の点検・保守など、物件の現場での経験が不可欠です。

テナント対応

テナントとのコミュニケーションや契約交渉、ニーズの把握など、実際の対応経験を積むことで、テナントの満足度向上や長期間の入居を促進するノウハウを身につけられます。

業者との交渉

清掃や設備保守、リノベーションなど、多くの業者との連携が求められるため、実際の交渉や業者の選定経験は価値があります。

予算・経費管理

物件の運営において、コストの管理や効率的な予算配分の経験は、経営的な視点を磨く上で非常に重要です。

戦略的物件運営

単なる日常管理を超えて、物件の価値向上や競争力強化のための戦略策定・実行の経験も、上級のビルマネとしてのスキルを形成します。

最低限ビルメンor営業の経験は必須という企業が多いです。大手企業の20代枠であれば、経験を全く問わないという企業もありますが、ビルにかかわる何かしらの経験を必須要件とする会社は多いです。

ビルマネに向いている人

ビルマネジメントは多岐にわたる業務と幅広いスキルを要求される職種です。そのため、ビルマネとして成功するためには、特定の性格や資質を持った人が向いています。以下は、ビルマネに特に適していると考えられる特性をいくつか挙げてみました。

現場作業より事務作業が好きな人

ビルメンと違い実際に工具を使って作業をすることは無くなり、その代わり資料、見積、工事計画書作成などの事務作業多くなります。

パソコン仕事額ではない人や、数値に強い人には特におすすめです。

年収を上げたい人

現場のビルメンを続けていても、現場の所長や電気主任技術者選任までが限界です。年収は600万円程度、いっても800万円くらいです。

一方ビルマネで本社勤務となれば役職も付き、1000万円を超えることも可能です。資産運用に近い側面もあるので、今後のキャリアもビル関連にかかわらず幅広いキャリアがある点でも、非常におすすめです。

もっと細かい情報を知りたい方は

詳細な情報を知りたい方は、転職エージェントに聞いてみることをおすすめします。

企業からネットには上げないでくれと念押しされている情報や、採用過去在籍者の口コミなどを知ることができるからです。(私もここにかけない情報がいっぱいあります笑)

転職エージェントからみて、おすすめのビルメンエージェントをまとめた記事があるので参考にしてみてください。

ビルメン転職のプロが教える!おすすめエージェント3選

コメント

タイトルとURLをコピーしました