ビルメンに学歴は関係ある?中卒・高卒・大卒の待遇差を転職エージェントが解説

ビルメン

ビルメンテナンス業界において、学歴がキャリアや待遇にどのような影響を与えるのか、多くの方が疑問を抱えています。中卒、高卒、大卒という異なる学歴背景を持つビルメンテナンス技術者たちは、実際にどのような待遇の違いに直面しているのでしょうか?

この記事では、転職エージェントの専門的な視点から、学歴がビルメンテナンス業界でのキャリアパスや待遇に与える影響について深掘りします。ビルメンとしてのキャリアを考える際、あなたの学歴がどのような役割を果たすのか、具体的な事例とともに解説していきます。

ビルメンに学歴は関係あるのか

結論、大手になればなるほど関係してきますが、ビルメンとして働く分にはあまり関係ありません。

まず、ビルメンテナンスの現場作業においては、学歴よりも技術力や経験が重視されます。中卒、高卒、大卒といった学歴の違いは、日々の業務の質に直接的な差を生むものではありません。実際に、ビルメンテナンスの現場では、豊富な経験と専門知識を持つ中卒や高卒の技術者が高い評価を受けることも珍しくありません。

しかし、大手企業や管理職への道を目指す場合、学歴が一定の影響を及ぼすことがあります。特に大手企業では、採用段階での学歴フィルターが存在することがあり、大卒以上の学歴を持つ応募者が有利になる傾向が見られます。また、管理職や専門的な技術職への昇進に際しても、高い教育水準が求められることがあり、この点で大卒者が有利になるケースが存在します。

また、一部の資格では、認定校を出ているか否かで必要な実務経験年数が変わることもあるため、特定の資格が必要な業務に関する求人で、学歴要件が定められているケースもあります。

結論として、ビルメンテナンス業界においては、日々の業務遂行において学歴は大きな影響を与えません。しかし、大手企業への就職や昇進、特に管理職や専門職を目指す場合には、学歴が一定の影響を持つことがあります。それでも、最終的には個々の技術力や経験、職場での実績が最も重要な要素となるでしょう。

学歴が重要になる企業とは

ビルメンランキングで上位に名を連ねるような、大手系列系ビルメン会社は学歴要件が定められているケースが多いです。例えば、三井不動産ファシリティーズは、学歴別に求人票が作られていて、高卒、高専卒、大学・大学院卒のそれぞれで待遇が異なり、高卒と大卒では入社時点で50万円程度の差があります。

三井不動産ファシリティーズのビルメン職を徹底調査!学歴で年収が異なるのは本当?

注意が必要な点として、求人票に乗っている要件がすべてではないということです。例えば、求人票には「高卒以上」と書かれていていても、想定よりも応募が多ければ、実際には高専以上の学歴の人のみを書類選考の対象とするケースもありますし、学歴について記載すると印象が悪くなるため、実際には学歴フィルターがあるが、あえて求人票には記載しないケースもあります。

ビルメン業界で上位に名を連ねる企業は、古くからある日本の伝統的な企業が親会社というケースが多く、技術職に関しても一定その影響は受けているといえると思います。

学歴がない人のキャリアの形成の仕方

ビルメンテナンス業界において学歴がない場合、キャリア形成の戦略として資格取得が非常に有効です。特に、電験2種のような上位の資格を目指すことは、学歴に依存しないキャリアアップの道を開く鍵となります。

電験2種は、常に全国で求人がでており、どんなに不景気でも年収600万以上は固く見込めます。特に、再生エネルギーが盛り上がっていくことを考えると、その価値はさらに上がると思います。電験3種でももちろん優位性はありますが、実務経験の要件緩和に伴う資格保有者の増加などもあり、今後10年で求人と求職者の需要と共有のGAPはほとんどなくなるといわれています。そのため、待遇が上がりにくかったり、資格以外の要素で戦わなくてはいけなくなることが予想されます。

また、資格取得は自己成長の証でもあります。学歴がないという背景を持つ人にとって、資格取得は自信を持ってキャリアを築くための重要なステップです。資格を取得する過程で培われる自己学習の習慣や問題解決能力は、職場でのさまざまな課題に対応する上での大きな力となります。

ビルメンテナンス業界においては、学歴よりも実務能力や専門知識が重視される傾向にあります。そのため、学歴がない人は、電験2種などの資格取得に注力し、資格によるアドバンテージを最大限に活かすことが推奨されます。資格を通じて専門性を高め、学歴に依存しないキャリアパスを築くことが、成功への鍵となるでしょう。

まとめ

ビルメンテナンス業界における学歴の重要性は、職場や目指すキャリアパスによって異なります。現場作業レベルでは、学歴よりも技術力や経験が重視され、中卒や高卒の技術者も高い評価を受けることが一般的です。しかし、大手企業や管理職を目指す場合、学歴が影響を及ぼすことがあり、特に大卒以上の学歴を持つ応募者が有利になる傾向が見られます。

学歴がない場合、特に電験2種のような上位資格の取得は、キャリアアップにおいて大きなアドバンテージとなります。これらの資格は、学歴に依存しない専門性の高いキャリアパスを形成するための重要なステップです。資格取得を通じて、自己成長を遂げ、職場でのさまざまな課題に対応する能力を高めることができます。

結局のところ、ビルメンテナンス業界では、学歴よりも実務能力や専門知識が最も重要視される要素です。学歴がない人は、資格取得によって専門性を高め、学歴に依存しないキャリアパスを築くことが、成功への鍵となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました