ビルメンは低年収で1人暮らしも難しい?生活できない現実を徹底解説

ビルメン

近年「ビルメンで生活できない」という声が増えてきました。このフレーズを検索してこの記事にたどり着いたあなたも、その現実に直面しているか、またはその現実を知りたいと思っているかもしれません。

この記事では、ビルメンとしての生活の困難さや、その背景にある理由、そしてどのようにしてその困難を乗り越えることができるのかについて詳しく解説していきます。ビルメンの仕事の価値を正しく理解し、より良い環境を築くためのヒントを提供したいとおもっています。

ビルメンで給料だけで生活できないのか?

大きく3つの理由で、ビルメンという仕事で生活できないと感じている人がいそうです。

給料が安い

おそらくこれが一番多いです。

厚生労働省のデータによると、ビルメンの2022年の全国の平均年収は433万円です。(厚生労働省

全国の平均年収が443万円なので、平均年収より若干低いといえます。

しかも、ビルメンの月給の中央値は25.6万円です。額面25万円だと手取りで20万円~21万円といったところでしょうか。

ビルメン_月給の中央値

よく見ると、額面で20万円をきるひとも多く、日々の生活も苦しいという人も多くいそうです。

ビルメンの平均年収はいくら?年齢別の平均年収をチェック

思ったより激務

ビルメンは楽と聞いてはいったのに、思った以上に業務量が多かったパターンです。

「1日の中に空き時間が必ずあって、スマホをいじるだけで仕事が終わる」という現場もちろんありますが、かなりレアです。

一般的な仕事と同じくらい大変だと思っておいたほうが無難だと思います。

日勤と夜勤のスケジュールはこちらの記事に書いてありますので、実際のビルメンの1日の過ごし方のイメージがない方はぜひ参考にしてみてください。

ビルメンとは?仕事内容から一日のスケジュールまで徹底ガイド

成長を感じられない

仕事に成長を求める人は、ルーティンワークが多いビルメンに不安や飽きを感じる人がいるようです。

「ある程度仕事を覚えたら、あとはそれを毎日こなす」。仕事とはそういった要素も大きいですが、ビルメンは他の仕事に比べてその傾向が強いです。

大手であれば部署の異動ができないか相談するなどできますが、中小企業であれば、マネジメント層にあがるか、副業でスキルアップするか、転職するかを考えることになります。

ビルメンで生活するためにすべきこと

現職と年収交渉をする

これは正直うまくいく可能性が結構低いと思います。ビルメン会社は薄利なところが多いので、年収を上げられないという回答が多いのではないかと思います。

ただ、下記に該当するシチュエーションであればありだと思います。

  • 会社からの信用を得ていて抜けられては困ると思われている
  • 慢性的な人手不足で自分が辞めたら確実に回らなりそう。採用力もないため、代わりのアサインに苦戦しそう

転職する

一番確実な方法です。現職よりも給料が高いところを探してみましょう。

1つ注意なのは、転職時は今よりも給料が下がる可能性が高いことです。転職市場で現職よりも給料が上がることは、肌感覚で2~3割くらいと高くなく、ほとんどの場合変わらないか少し下がることが多いです。

なので、入って1~2年後で今よりも高いかどうかで現職と比べてみるのがおすすめです。

面接時に、正直に今の年収では生活がしんどいことを伝え、希望の年収とそれが貴社で稼げる時期を聞くのがいいのではと思います。生活がきついアピールをするのがポイントになります。(じゃないとお金にがめつい人とうつってしまう)

副業をする

現職でも、転職しても年収が上がらなそうという人も多いと思います。その場合副業をすると割り切るのも手です。

その場合、副業禁止の会社もあるので、自社で副業がOKかの確認は重要です。NGの場合でもばれずに副業する方法がありますので、気になる方はこちらの記事を参考にしてみてください。

ビルメンって副業しやすいって本当?

まとめ

ビルメンとしての職業は、都市の成長と共に重要性を増していますが、「ビルメンで生活できない」という声が多く聞かれるようになりました。

この背景には、給与の問題や労働環境の厳しさが影響しています。しかし、ビルメンの仕事の価値を正しく評価し、適切な報酬や待遇を求める動きも広がっています。

今後、業界の変革や社会の理解が進めば、ビルメンとしての生活も安定してくることを期待します。

最後に、ビルメンの皆さんには、自身の価値を理解し、適切な権利を主張することが大切です。

まずは転職エージェントに無料相談してみよう!

転職エージェント目線で、ビルメンの転職にお勧めの転職エージェントをまとめました。

落ちた企業はしばらく受けられないことも多く、間違った転職活動のせいで、ホワイト企業へ行けるチャンスをつぶしてしまうことはざらにあります。

転職をすると決めていない方も、情報収集を始めるには早いに越したことはありません。ぜひ転職エージェントを有効活用してください!

ビルメン転職のプロが教える!おすすめエージェント3選

コメント

タイトルとURLをコピーしました