ビルメンと施設警備員ならどっち?転職エージェント目線で解説

ビルメンと施設警備員ならどっち?転職エージェント目線で解説 ビルメン
ビルメンと施設警備員ならどっち?転職エージェント目線で解説

ビルメンテナンス職と施設警備員、どちらのキャリアパスを選ぶべきかは、転職を考える際の大きな分岐点です。一見似ているこれらの職種ですが、実は業務内容、求められるスキルセット、キャリア展望において大きな違いがあります。

転職エージェントの視点から、それぞれの職種の日常業務、キャリアの成長性、そして求人市場での需要を比較し、最適な選択肢を明らかにします。ビルメンテナンスは設備の保守・管理が中心であり、施設警備はセキュリティの維持が主な任務です。それぞれの職種が持つ魅力とは何か、詳しく見ていきましょう。

ビルメン、施設警備の仕事内容について

ビルメンの仕事内容について

ビルメンテナンスとは、オフィスビルや商業施設、ホテルや病院、マンションなどの建物の維持管理をする仕事です。主に下記の業務があります。

  • 日々の検針や検査
  • 機器の点検・交換
  • 電気の配線
  • 設備の清掃
  • 異常時の対応
  • 協力業者の管理

詳細な業務を見たい方は、下記記事をぜひご覧ください。

ビルメンとは?仕事内容から一日のスケジュールまで徹底ガイド

施設警備員の仕事内容について

警備員の仕事は、その名の通り、人々や財産を守ることを主な任務としています。しかし、この職業が単に「守る」だけではないことを、未経験者にも理解してもらうために、具体的な業務内容を詳しく説明しましょう。

まず、警備員の業務は大きく分けて「施設警備」と「交通誘導警備」に分類されます。施設警備は、ショッピングモール、オフィスビル、学校、病院などの施設内での安全を確保する仕事です。交通誘導警備は、建設現場やイベント会場の周辺で交通の流れをスムーズにし、事故を防ぐための業務です。

施設警備には以下のような業務があります。

  1. 出入管理:施設に入る人々のチェックを行い、不審者の侵入を防ぎます。これには、受付での身分確認や、必要に応じてセキュリティカードの発行などが含まれます。
  2. 巡回:定期的に施設内を歩いて巡回し、異常がないかをチェックします。火災や水漏れ、不審な物の有無などを確認し、安全を維持します。
  3. 監視カメラのモニタリング:セキュリティルームで監視カメラの映像を見て、不審な動きがないかを監視します。
  4. 緊急時の対応:火災や犯罪などの緊急事態が発生した場合、初期対応を行い、警察や消防などの関係機関への連絡を行います。
警備員

ビルメン、警備の仕事の違いについて

業務特性

ビルメン

ビルメンテナンスの業務は、ビルや施設の維持管理が中心です。これには、電気や水道、空調といった設備の点検・修理、清掃、環境衛生管理、設備の更新計画の立案などが含まれます。ビルメンは、設備が常に最適な状態で稼働するようにするための専門的な技術と知識が求められます。

一方警備の仕事は、施設や人々の安全を守ることに焦点を当てています。出入り管理、巡回、監視カメラのチェック、緊急時の対応などが主な業務です。警備員は、不審者の侵入防止や犯罪の抑止、災害時の初期対応など、安全確保に関わる広範な活動を行います。

資格

ビルメンテナンスの職には、ビル設備士、ボイラー技士、電気工事士など、特定の設備に関する資格が有利に働くことがあります。また、ビルクリーニング技能士のような清掃に関する資格も、ビルメンテナンスの分野で役立ちます。

警備員になるためには、特に資格は必要ありませんが、警備業務基礎研修の修了が求められることが多いです。また、交通誘導警備2級の資格や、防犯設備士などの専門的な資格を持っていると、キャリアアップにつながることがあります。

働き方

ビルメンテナンスの仕事は、日勤が中心で、定期的なメンテナンススケジュールに従って業務を行います。ただし、設備の緊急修理が必要な場合は、夜間や休日の出勤が必要になることもあります。

警備の仕事はシフト制が一般的で、日勤、夜勤、24時間体制の施設もあります。イベント警備や交通誘導など、短期間の集中的な業務が発生することもあり、柔軟な働き方が求められることが多いです。また、警備業界ではパートタイムやアルバイトとして働くことも一般的です。

おすすめなのはビルメン

結論から言うと、おすすめなのはビルメンです。おすすめの理由は主に3つあります。

仕事の将来性がある

警備業務は、監視カメラの映像やセンサーからのデータなど、膨大な情報をリアルタイムで処理し、異常を検知することが可能なため、AIとの相性が良いです。また、ロボットによる監視も進んでおり、人が警備をしなくなる世界が近づいています。

一方、ビルメンについても人がやらなくてよい業務は増えていますが、実際の手を動かす部分については人がやらないといけない部分も多いです。また、近年は資産価値向上の業務もビルメンが担うことが多く、こちらは需要が伸びていることもあり、将来性はあるといえます。

ビルメンの将来性について詳しく書いている記事もありますので、ぜひご覧ください。

施工管理の将来性は?AIによって施工管理は仕事がなくなるのか

ビルメンに向いている人の特徴7選

ビルメン業務は技能職、専門職ということもあり、全員が向いている仕事ではありません。ビルメン業務に向いている人の特徴は下記7つです。

  1. チームで動くことができる人
  2. 年齢問わず素直な人
  3. 資格取得が好きな人
  4. お金<時間という価値観の人
  5. ルーティンワークが好きな人
  6. ノルマがない環境で働きたい人
  7. 体力がある人

より詳しい内容は下記の記事に記載していますので、ぜひご覧ください、

ビルメンに向いている人、向いていない人の特徴7選

まとめ

ビルメンテナンスと施設警備、このメディアとしてはビルメンがおすすめではありますが、あなたのキャリアビジョンと個性に合った選択をすることが重要です。ビルメンは技術と専門知識を要し、施設警備は警戒心とコミュニケーション能力が求められます。

自身の強みと市場の動向を照らし合わせ、長期的なキャリア形成を見据えた選択をお勧めします。最終的には、あなたの働きがいと成長を最大化できる環境を選ぶべきです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました