設備管理はつまらないといわれる理由3選

設備管理はつまらないといわれる理由3選 ビルメン
設備管理はつまらないといわれる理由3選

設備管理は、ビジネスや施設の運営において欠かせない役割を果たしています。それにもかかわらず、多くの人が「設備管理はつまらない」と感じてしまうことがあるのはなぜでしょうか。それは、設備管理の重要性や実践的な面白さが、一見してわかりづらいからかもしれません。しかし、その背後には実は非常に興味深い側面が隠れています。

今回の記事では、設備管理がなぜ「つまらない」という印象を持たれがちなのか、その理由を3つのポイントで詳しく解説していきます。この記事を通じて、設備管理の奥深さやその魅力について新たな視点を得ることができれば幸いです。

設備管理がつまらないといわれる理由3選

日常の目に見えない部分での活動

設備管理は、多くの場合、日常の目立たない部分での活動として行われます。例えば、エアコンや換気設備、電気設備など、私たちの日常生活を支える多くの設備は、故障しない限りその存在を忘れがちです。しかし、これらがスムーズに動作しているのは、設備管理の専門家たちが日々の点検やメンテナンスをきちんと行っているからこそ。

このような裏方的な役割が多い故、ありがとうと言われることが少なくやりがいを感じにくいといわれる理由の1つです。

専門的な知識や技術が必要

設備管理は、高度な専門知識や技術が要求される分野です。建物の構造や機械の仕組み、電気や水道などの設備に関する知識はもちろん、法律や安全基準に関する情報も必要とされます。このような専門的な内容は、関心がない人にとっては難解に感じられることもあり、それが「つまらない」という印象を生む要因となるかもしれません。

また、十分な知識と経験がないとやりがいを感じにくいという側面もあります。

結果の即時性の欠如

多くの業務や活動には、行動と結果が直接的にリンクしているものが多い中、設備管理はその結果がすぐに現れるものではありません。例えば、定期的なメンテナンスによって長期的に設備の寿命を延ばすことは可能ですが、その効果を短期間で実感することは難しいです。

自分のしたことが良い結果を生んだと感じにくい点が、設備管理が「つまらない」と感じられる大きな理由の一つと言えるでしょう。

設備管理として働くメリット3選

とはいえ、設備管理として働くメリットはたくさんあります。その中でも、特に下記は大きなメリットといえます。

専門スキルの習得と市場価値の上昇

設備管理者として働くことで、建築や機械設備、電気・水道といった様々な設備に関する専門知識と技術を習得することができます。このような知識や技術は、多くの企業や施設で求められるものであり、習得すればするほど、自身の市場価値が上昇します。特に、近年の技術進化やエコロジー志向の高まりを受けて、設備管理の重要性は増しており、専門スキルを持つ人材は高く評価される傾向にあります。

専門資格ゆえ、くいっぱぐれることは少ないでしょう。詳細はこちらの記事をご確認ください。

ビルメンが食いっぱぐれる理由とは?国家資格で安定は本当?

無理せず400万円稼げる

ビルメンは高年収は狙えないですが、手堅く400万円を稼ぐことは比較的容易です。

なによりルーティンワークが多かったり空き時間も多い仕事なので、無理せず働くことができます。実際転職エージェントをしていても、ビルメンでメンタル不調や過労という方はあったことがないです。

また、空き時間が多いこともあり、副業で稼ぐことも他の業界に比べて容易です。

ビルメンって副業しやすいって本当?

仕事にやりがいや高年収を求めず、生活に必要なお金を最小エネルギーで稼ぎたいという志向の方にはぴったりの仕事です。

資格で安定しやすい

ビルメンの業務の中には、資格がないとできない独占業務がたくさんあります。

しかも、その資格の多くが国家資格のため、法律が変わらない限り安泰です。

近年、SDGsなど持続可能な社会のために、エネルギー関連の規制は厳しくなる一方で、ビルメン関連の資格の優位性はますます増していくと思われます。

ビルメン業界には、ビルメンをするならまずは持っておきたい「ビルメン4点セット」、より難易度や市場価値の高い「ビルメン3種の神器」とよばれるものがあります。

こういった資格を取ることで、景気や会社に左右されず、一定額以上の給料を安定して稼ぐことができます。

まとめ

設備管理は、私たちの日常生活やビジネス運営の裏側で欠かせない役割を果たしています。しかし、この業界が「詰まらない」といわれることがしばしば。その理由として、まず、日常の目に触れない裏方的な活動であること、専門的な知識や技術が必要で一般の人々には難解に感じられること、そして行動と結果の直接的なリンクが見えにくいため、その効果や成果を即座に実感しづらいことが挙げられます。しかし、これらの理由から設備管理の重要性や魅力が薄れることはありません。むしろ、これらの特性が設備管理の専門家たちの価値を一層高めています。日々の生活やビジネスがスムーズに進む裏には、彼らの専門的な知識と熱意があり、それは非常に価値あるものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました