タクシー運転手に退職金はあるの?相場を徹底調査

タクシー運転手に退職金はあるの?相場を徹底調査 タクシードライバー
タクシー運転手に退職金はあるの?相場を徹底調査

タクシー運転手としてのキャリアを終える際、多くの方が気になるのが「退職金」の存在です。退職金を当てにしていたのに、実はほぼなかった…というのは避けたいですよね。

この記事では、タクシー運転手の退職金に関する疑問を徹底的に解明します。業界の平均的な退職金の相場はどれくらいなのか、また、退職金の有無が会社によってどのように異なるのかを詳しく調査しました。タクシー業界での長年の経験を経て、次のステップへ進む前に、ぜひ知っておきたい重要な情報をお届けします。

タクシー運転手としてのキャリアを終える際、最も気になるのが「退職金」の有無です。実は、タクシー運転手の退職金については、一概に「ある」とも「ない」とも言えないのが現状です。この記事では、タクシー運転手の退職金に関する実情を深掘りし、その相場や条件について詳しく解説します。

タクシー運転手の退職金はあるところとないところがある

まず、タクシー運転手の雇用形態には大きく分けて二つあります。一つは正社員(または契約社員)として雇用されるケース、もう一つは個人事業主として独立しているケースです。これらの雇用形態によって、退職金の有無やその額は大きく異なります。

雇用形態によって異なる退職金

正社員・契約社員の場合

多くのタクシー会社では、正社員や契約社員に対して退職金制度を設けています。しかし、その額は会社の規模や業績、勤続年数によって大きく異なります。一般的に、大手タクシー会社や長く安定した経営を続けている会社では、比較的高額の退職金が期待できる傾向にあります。一方、中小規模のタクシー会社や新興のタクシー会社では、退職金の額が低い、または退職金制度自体がない場合も少なくありません。

個人事業主の場合

個人事業主としてタクシー運転手をしている場合、基本的には退職金制度はありません。自身が事業主であるため、退職金を設定するかどうかは自分自身で決めることになります。しかし、これには例外もあります。例えば、タクシー業界においては、長年にわたって特定のタクシー会社と提携し、その会社の車両を使用していた場合、その会社から何らかの退職金相当の金銭的なサポートを受けられるケースもあります。

新聞を読むタクシー運転手
新聞を読むタクシー運転手

タクシー運転手の退職金は他業界よりも少ない

退職金が少ない理由

他業界よりも利益率が低い

タクシー業界は、厳しい競争環境と低い運賃設定により、企業の利益率が他業界に比べて低い傾向にあります。このため、企業が従業員に対して高額の退職金を支払う余裕が少ないのです。これが退職金が少ない主な理由になります。悲しいですがないものは払えないということです。

さらに今後、タクシー業界はテクノロジーの進化、特にライドシェアリングサービスの台頭により、収益構造が大きく変化していくことが予想されます。これらの変化は、個人事業主の増加を生むことが予想され、退職金制度にも影響を及ぼしています。

勤続年数が短い

タクシー運転手の場合、他の業界と比較して短期間での転職が多い傾向にあります。これは、フレキシブルな勤務体系や身体的な負担、さらには経済的な理由から転職を選択する運転手が多いためです。勤続年数が短いと、たとえ退職金制度があったとしても、その額は限られてしまいます。

退職金制度があっても使えるだけ長く勤めている人がいないというのも事実です。

退職金を当てにせずに老後を安定させるには

当たり前ではありますが、定年を迎える前に十分な貯蓄をすることが大切です。最低2000万円は必要だという国の試算もあるくらいなので、貯金0円で乗り切ることはもちろん、数百万円でも心もとないです。

貯金を考えると、サラリーマン時代にどれだけ稼げるかが重要になってきます。いくつかの方法をご紹介します。

歩合率が高い会社で働く

歩合率とは、業績や売上に応じて給与や報酬が決まる給料制度の一つです。具体的には、売上の一定の割合が報酬として支払われる方式でタクシー業界でよく用いられる制度です。

これが10%高いだけで、給料も10%前後上がることになります。その額を貯金に回すことができれば、今の生活を維持したまま、貯蓄を増やすことができます。

平均的な歩合率や、歩合率が高い会社を下の記事にまとめましたので、ぜひご覧ください。

タクシー運転手の給料は「歩合率」次第?相場や稼げる会社を徹底解説

タクシードライバーの給与体系・仕組みは?稼げないは本当か徹底調査

個人事業主になる

タクシー運転手として独立すると、会社員時代の1.2~2倍は稼げるといわれています。独立はリスクも伴いますが、タクシー運転手の場合、会社員でも歩合の割合が多いので、他業界に比べてあまりリスクはないです。

個人タクシーを始めるには、ルール上タクシー会社で10年の乗務経験を積む必要があります。未経験の方がすぐに始められるわけではないですが、タクシー運転手をやるのであれば、独立を見据えて動くことをおすすめします。

詳細は下の記事を参考にしてみてください。

タクシー運転手として個人独立するための必須知識と準備方法

まとめ

本記事では、「タクシー運転手に退職金はあるのか」という疑問に対し、業界の実情と退職金の相場について徹底的に調査しました。

結果として、退職金の有無は雇用形態や勤務先の会社によって大きく異なることが明らかになりました。正社員や契約社員の場合、大手企業では退職金が支給されることが多いですが、中小企業や個人事業主の場合は退職金がないことが一般的です。退職金の相場も会社の規模や勤続年数によって大きく変わり、大手企業では数百万円から数千万円、中小企業ではそれよりも少ない傾向にあります。タクシー運転手としてのキャリアを考える際には、これらの情報を参考に将来設計を立てることが重要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました