タクシードライバーの給与体系・仕組みは?稼げないは本当か徹底調査

タクシードライバー

タクシードライバーの給与。多くの人が持つイメージは「あまり稼げない」というものかもしれませんが、本当のところはどうなのでしょうか?タクシー業界は多くのドライバーが日々の生計を支えるために働いている重要な職種です。しかし、その収入や給与体系、仕組みについては明確に理解している人は少ないのが現状です。

この記事では、タクシードライバーの給与体系とその背景にある仕組みを徹底的に調査。稼げるのか、稼げないのか、その真相に迫ります。また、業界の中での競争や変動、そして未来の展望についても触れていきたいと思います。

タクシードライバーを志す方、現在のドライバーの方、また、単純に興味を持っている方々のために、明瞭で正確な情報を提供できるよう、努力してまとめていきますので、ぜひ最後までお付き合いください。

タクシードライバーの平均年収

タクシードライバーは日常の交通機関として、私たちの生活に欠かせない役割を担っています。しかしその収入は一般のイメージとは異なり、多様な要因に影響されるものとなっています。

運転スキルや勤務地、対応の質などの要因により変動するタクシードライバーの平均年収は、約300〜400万円とされています。全産業労働者の平均年収が約489万円であることを考慮すると、特定の条件下でタクシードライバーの収入は一般的なサラリーマンよりも高くなる可能性があります。特に大都市圏や深夜・早朝の時間帯に活動するドライバーは、高収入を得るチャンスが増えます。

また、経験や所属する配車会社も大きく影響します。ベテランは効率的な運転とお客様のニーズの理解で、高収入を得ることが多いです。逆に、新人ドライバーは経験を積むことで年収が徐々に上昇する傾向にあります。

給与の構成としては、基本給、歩合給、ボーナス、手当などがあり、特に歩合給は売上や運転距離に応じて変わるため、効率的な働き方が収入アップの鍵となります。そして、配車アプリの普及により、評価や実績に応じてさらなる収入を得る機会が広がっているのです。

タクシー運転手の賃金体系

A型賃金

A型賃金は、固定給制で一般企業のサラリーマンに近い賃金体系です。A型賃金のタクシードライバーは、売上や走行距離に関係なく、基本給、各種手当、賞与など、決められた給料をもらうことができます。(B型やAB型ほどでは無いですが一部歩合給がつく会社もあります。)安定した収入を得ることができますが、反面、高収入を得ることは難しいです。

A型賃金のタクシードライバーは、主に正社員として働く人が多く、勤務時間や休日も決まっています。そのため、プライベートな時間を確保しやすいですが、自由度は低いです。また、A型賃金のタクシードライバーは、会社から車両や燃料代などの費用を負担してもらえることが多いですが、その分、給料から差し引かれることもあります。

昔は主流であった形ですが、近年は燃料高騰の背景もあり、首都圏でこの体系で展開しているタクシー会社はほぼ無いのが現状です。

A型賃金のメリット

A型賃金のメリットは何といっても固定給の割合が高く収入の安定感を感じやすいことです。タクシードライバーに従事するにあたって、固定給と歩合給、どちらを重要視した賃金体系を選択するかは大きな岐路ですが、歩合給の割合(歩率)が高い体系や完全歩合給の場合と異なり、A型賃金の場合は営業売上が少なくても給料が例月と比べて変動しにくい特徴があります。また、タクシー会社によっては、一般企業のサラリーマンのように勤続年数やそれまでの評価に応じて固定給が上がる場合もありますので、着実に給料を伸ばしていくことが可能です。特に未経験者で初めてタクシードライバーにチャレンジされたい場合は、A型賃金からスタートするのは安心して入りやすいといえます。

A型賃金のデメリット

ほぼ固定給だと考えると、他の体系に比べて営業売上が収入に反映されにくい点が挙げられます。歩率が相対的に低い、または歩率を見ない設定のため、営業売上が高いタクシードライバーからすると、成績の低いドライバーの収入を見て不満を感じる場合があるかも知れません。

A型賃金のタクシードライバーの平均年収

A型賃金のタクシードライバーの平均年収は約300万円~400万円です。これは他の賃金体系に比べて低い方ですが、安定性が高い分、リスクも少ないです。また、A型賃金のタクシードライバーはボーナスや昇給などの待遇も期待できます。

B型賃金とは? タクシードライバーの賃金体系を徹底解説!

タクシードライバーの給与には様々な体系が存在しますが、その中でも「B型賃金」は特に注目される制度です。今回は、この歩合給制を中心に、その特徴やメリット・デメリットについて詳しく説明していきます。

B型賃金

B型賃金は、売上や走行距離に応じて給料が変わる歩合給制です。これにより、自分が稼いだ分だけ給料に反映されるため、高収入を目指すことが可能となります。しかし、収入の変動が大きいのも特徴です。多くのB型賃金のドライバーは、パートやアルバイトとして勤務しており、勤務時間や休日を自由に設定できるメリットがあります。しかしその反面、プライベートの時間を保つことが難しくなります。車両や燃料代の負担がドライバー自身になることが多いですが、給料からその分差し引かれることはありません。

メリット

経験豊富なタクシードライバーにとって、B型賃金は非常に魅力的な給与体系です。売上に直結するため、高い売上を上げればそれだけ収入も増える完全成功報酬型の賃金です。また、タクシー会社側にも経営リスクが少ないのもポイント。

デメリット

しかし、売上が低い月では、給料も大幅に減少するリスクがあります。法令で定められている最低賃金以下にはなりませんが、収入が不安定なため他の賃金体系と比較して給与が低くなる可能性がある。

B型賃金のタクシードライバーの平均年収

B型賃金のタクシードライバーの平均年収は、約400万円~700万円となっており、他の賃金体系に比べて高めです。ただし、収入の不安定さからリスクも伴います。待遇面でのボーナスや昇給の期待は少ないです。具体的な給与の内訳としては、基本給が約5万円~10万円、歩合が売上や走行距離に応じて約40~55%となります。

AB型賃金とは? タクシードライバーの給与体系の最新トレンドを解説!

タクシー業界では、給与体系が多種多様に存在します。特に近年注目されているのが「AB型賃金」です。この記事では、AB型賃金の特徴やメリット、デメリットを詳しく掘り下げ、タクシードライバーにおすすめの賃金体系としてどのようなポイントが挙げられるのかをご紹介します。

AB型賃金

AB型賃金は、A型賃金とB型賃金の特徴を組み合わせたもので、固定給と歩合給の両方を取り入れた給与体系です。タクシードライバーの運転スキルやお客様対応が収入に直接影響するため、実力主義の給与体系ともいえるでしょう。昨今では、多くのタクシー会社がこの体系を採用しており、業界標準とも言える存在となっています。

メリット

固定給の安定感と、成功報酬の魅力をバランスよく組み合わせた給与体系です。頑張った分だけ給料に反映されるので、やりがいを感じやすい。営業売上による大きな給料の変動が少ないため、安定して働きやすい。さらに、社会保険料が比較的安く抑えられる点もメリットとして挙げられます。

デメリット

AB型賃金には、タクシー会社ごとに解釈が異なることがあるため、賃金体系が少し複雑です。そのため、自分に合ったタクシー会社を選ぶ際には、賃金体系の詳細をしっかりと確認することが必要です。転職支援サービスを活用して相談するのも良い方法となります。

AB型賃金のタクシードライバーの平均年収

AB型賃金を採用するタクシードライバーの平均年収は、約400万円~600万円となっています。この収入は、他の賃金体系と比較しても高めで、努力とスキルに応じて収入が変動することから、やりがいを感じる給与体系と言えるでしょう。具体的な給与の内訳は以下の通りです。

  • 基本給:約18万円〜
  • 歩合:約30~50%(売上や走行距離による)
  • 賞与:年に数回

C型賃金

C型賃金は歩合給制を採用しており、収入は月間の売上から固定経費(管理費、燃料代など)を除いた金額に基づきます。これはリース方式とも言われ、実質的には車両を自ら持ち込む個人タクシーのような働き方となります。都市部ではあまり一般的ではないものの、地域によっては導入している企業も存在します。

メリット

収益性が高いことがあげられます。ベテランのタクシードライバーなど、営業エリアをよく知る者にとって、最も高収入を得やすい給与体系である可能性があります。また、柔軟にスケジュール出勤日数や休日を自分で調整することができるため、より自由な働き方を求める人には適しています。

デメリット

給料の変動が大きい点があげられます。固定の管理費などが発生するため、業績が不調の際には収入が大きく下がるリスクがあります。時には給料がマイナスになることも考えられます。また、経費の管理など、自身で用意する車両やそのメンテナンス費、その他の経費の管理は自分自身で行う必要があります。

タクシー運転手の歩合率の相場は?

タクシー運転手の歩合率の相場は、50~60%が相場といわれています。会社によって大きく給与体系が異なるため、入念な調査が必要です。

関連記事:タクシー運転手の給料は「歩合率」次第?相場や稼げる会社を徹底解説

まとめ

タクシードライバーの給与体系は多岐にわたり、中でもA型、B型、C型といった主な賃金体系が存在します。A型は固定給、B型は売上に応じた歩合給、そしてC型は売上からの経費を差し引いた金額が給料となる特殊な体系です。

都市部や地方によっても給与の平均が変わることがあり、特にC型は地方での採用が多い傾向です。タクシー業界の「稼げない」というイメージについても、実際には給与体系や経験、エリア知識によって大きく収入が変動するため、一概に言えないのが真実です。ベテランドライバーや特定エリアを熟知したドライバーは、高収入を得る可能性も十分にあります。

適切な給与体系を選び、エリア知識を深めることで、より収入を増やすことが可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました