ビルメンって不器用でもなれるの?苦労しないコツ

ビルメン

ビルメンテナンスの仕事に興味を持っているけれど、自分は不器用だから難しいのでは?と心配している方も多いでしょう。しかし、実はビルメンとしての成功は、器用さだけが決め手ではありません。この記事では、不器用な人でもビルメンとしてしっかりと活躍できるコツや、日々の業務での苦労を減らす方法をご紹介します。

ビルメンの仕事は、機械や設備のメンテナンスだけでなく、コミュニケーション能力や問題解決能力も求められる職種です。だからこそ、器用さよりも、柔軟な思考やチームワークが重要となるのです。不器用だと感じる方でも、これらのスキルを磨くことで十分に活躍できるのです。

ビルメンに器用さはもとめられるのか

ビルメンの業務内容

ビルメン、正式にはビルディングメンテナンススタッフとは、ビルの安全や快適な利用をサポートするための専門職です。主な業務内容としては、空調設備、電気設備、給排水設備などの点検・メンテナンス、清掃業務、セキュリティの確保などが挙げられます。これらの業務は、専門的な知識や技術を要するものも多く、日々の業務の中で様々なトラブルや問題に対応する必要があります。

ビルメンの詳細な業務や、1日の流れはこちらの記事をぜひ参考にしてみてください。

ビルメンとは?仕事内容から一日のスケジュールまで徹底ガイド


ビルメンは業務では器用さはあまり重要ではない

ビルメンの業務を考えると、一見、器用さが求められるように思えますが、実際はそうではありません。確かに、設備の修理やメンテナンスの際には、一定の技術や手際の良さが求められることもありますが、それよりも重要なのは、問題解決能力やコミュニケーション能力です。トラブルが発生した際に、原因を迅速に特定し、適切な対応をとる能力や、ビルの利用者や他のスタッフとの円滑なコミュニケーションが、業務の成功の鍵となります。


資格試験(実技)では器用さが重要

一方、ビルメンとしての資格を取得する際の実技試験では、器用さが一定程度求められることも事実です。特に、設備の取り扱いや修理技術に関する実技試験では、手際の良さや正確な作業が求められます。特に電工2種の実技試験は実際に多くの人の前で作業をするため、手際の良さや細かさが求めれられるので、不器用すぎると少々不安があるかもしれません。

しかし、これは練習と経験によって習得できるものであり、最初から完璧にこなせる必要はありません。重要なのは、継続的な学びと経験を積むことで、必要なスキルを身につけることです。

ビルメンに向いている人

ビルメンは業務でそこまで器用さが求められないことについて先ほど触れましたが、それではどういった人がビルメンに向いているのでしょうか。

ビルメンに向いている人の特徴を7つピックアップしました。

  • チームで動くことができる人
  • 年齢問わず素直な人
  • 資格取得が好きな人
  • お金<時間という価値観の人
  • ルーティンワークが好きな人
  • ノルマがない環境で働きたい人
  • 体力がある人

詳細は下記の記事を参考にしてください。

ビルメンに向いている人の特徴7選

まとめ

ビルメンとしてのキャリアを考える際、多くの人が「器用さ」を必要とするのではないかと疑問に思います。しかし、実際のビルメンの業務を深く探ると、器用さだけが全てではありません。問題解決能力、コミュニケーションスキル、そして専門的な知識がより重要となるのです。不器用だと感じる方でも、これらのスキルを磨くことで、十分にビルメンとしての業務をこなすことが可能です。

また、経験を積むことで、自然と手際の良さや技術も身につけることができます。

最後に、成功の鍵は継続的な学びと経験の積み重ね。不器用だと感じる方も、挑戦する価値は十分にある職種です。

まずは転職エージェントに無料相談してみよう!

転職エージェント目線で、ビルメンの転職にお勧めの転職エージェントをまとめました。

落ちた企業はしばらく受けられないことも多く、間違った転職活動のせいで、ホワイト企業へ行けるチャンスをつぶしてしまうことはざらにあります。

転職をすると決めていない方も、情報収集を始めるには早いに越したことはありません。ぜひ転職エージェントを有効活用してください!

ビルメン転職のプロが教える!おすすめエージェント3選

コメント

タイトルとURLをコピーしました