タクシー運転手の給料は「歩合率」次第?相場や稼げる会社を徹底解説

タクシードライバー

タクシー運転手と聞くと、都市の風景を駆け巡り、様々な人々との出会いが魅力の仕事としてイメージされますが、給料面での魅力はどれほどあるのでしょうか。実は、タクシー運転手の給与は一概には決められていません。中には固定給制度を採用している会社もありますが、多くの企業では「歩合率」が給料の大部分を占めています。

歩合率とは、売上の一部を運転手に還元する制度のこと。つまり、運転手が一日に乗せたお客様の料金に応じて給料が変動するのです。この制度のもとであれば、努力次第で月収が大きく変わる可能性があります。しかし、すべての会社が同じ歩合率を提供しているわけではないので、どの企業が運転手にとって最も稼ぎやすいのか、その秘訣とは一体何なのか。この記事では、タクシー運転手の給料の実情や、高収入を得るためのポイントを徹底的に解説していきます。

タクシー運転手の歩合率の相場は?

歩合率とは

歩合率とは、業績や売上に応じて給与や報酬が決まる給料制度の一つです。具体的には、売上の一定の割合が報酬として支払われる方式を指します。多くのセールスの仕事や不動産業、そしてタクシー運転手など、実績や成果に基づいて報酬が決まる職種で用いられる制度です。

例えば、タクシー業界においては、運転手が1日で稼いだ乗車料金のうち、ある一定の割合が運転手の収入として支払われます。この割合が「歩合率」となります。具体的には、乗車料金が10,000円で、歩合率が30%の場合、運転手の収入は3,000円となります。

この制度のメリットは、成果が直接給与に反映されるため、頑張り次第で高収入を得ることが可能という点です。一方で、成果が出ないと収入が低くなるリスクも伴います。そのため、努力を惜しまない人や自分の力で収入をコントロールしたい人に向いています。

タクシー運転手の給料における歩合率は、会社や地域、さらには乗車の頻度などによって異なります。また、固定給との併用や、歩合の上限設定など、様々な給与制度が存在するため、就職や転職を考える際には、しっかりと各社の条件を比較検討することが大切です。

歩合は50~60%が相場

50~60%が相場といわれています。ただ、会社によってかなり異なるため、事前調査が重要です。

決済手数料に注意

決済手数料とは、簡単に言うと、クレジットカードや電子マネーなどのキャッシュレス決済を利用する際に、決済を仲介する会社や銀行に支払われる料金のことを指します。具体的には、商品やサービスの購入価格の一定の割合が手数料として差し引かれ、残りの金額が商品やサービスの提供者(この場合はタクシー運転手やその会社)に支払われる形となります。

例を挙げると、タクシーの乗車料金が10,000円で、決済手数料率が3%の場合、300円が決済会社の手数料として差し引かれ、9,700円がタクシー会社や運転手に支払われることになります。

この決済手数料は、タクシー業界においても無視できないコストの一つとなっています。特に、歩合制の給料を採用しているタクシー会社や運転手にとって、決済手数料が高い場合、それが直接的に収入の低下として反映される可能性があります。そのため、給料の実情を正確に把握するためには、歩合率だけでなく、この決済手数料にも目を向けることが重要となります。

歩合制のメリット・デメリット

タクシー業界において、多くの会社が歩合制を採用していますが、中には歩合要素の特に強い会社も存在します。歩合要素が強いとは、給与の大部分が運転手の実績や成果によって決まる制度を指します。では、このような会社で働く運転手から見た歩合制のメリット・デメリットは何でしょうか。

歩合制のメリット

  1. 明確な評価基準と直接的な報酬:歩合要素の強い会社での働きは、自分の頑張りがダイレクトに収入に反映されるため、自身の努力や成果が公平に評価される感覚が得られます。この透明性は、モチベーションを高める要因となり、労働意欲を向上させる可能性が高まります。
  2. 無限の収入の可能性: 固定給制度では収入の上限が決まっていますが、歩合制の場合、努力や成果の限界を自分自身で設定することができます。多くのお客様を乗せ、効率的なルートを選択するなどの工夫により、収入を増やすチャンスが無限に広がります。
  3. 自らのペースでの働き方の自由度: 歩合制は、基本的に自らの実績によって収入が決まるため、自分のペースで仕事をすることができます。例えば、特定の時期や時間帯に集中して働くことで、自身のライフスタイルや体調に合わせた最適な働き方を模索することが可能です。

歩合制のデメリット

  1. 収入の不安定性: 歩合制の最も大きなデメリットは、収入が不安定であることです。運転手の日々の実績や季節、天候などの外部要因によって収入が大きく変動する可能性があります。特に不況や災害などの予期せぬ事態が生じた場合、固定給制度に比べてリスクが高まります。
  2. 過度な労働: 一定以上の収入を保証するためには、長時間や休日を犠牲にして働くことが求められることが多いです。これは健康を損なうリスクを伴うだけでなく、長期的に運転の安全性を低下させる可能性も考えられます。
  3. 自己投資の必要性: 歩合要素の強い会社では、競合との差別化やお客様の獲得のために、自身でのスキルアップや車両のアップグレードなどの自己投資が求められることがあります。このような投資は初期コストがかかることが多く、リターンが保証されているわけではありません。

タクシー会社の歩合率の例

歩合率は会社によって異なるため、事前調査は欠かせません。会社のホームページや求人サイトを確認し、乗っていない場合は人材紹介会社に聞いてみると間違いないです。

ここではいくつかピックアップしてご紹介します。

大和自動車交通株式会社

  • 給与:25万円以上、ただし研修期間中は日給1万円
  • 給与保証:乗務開始後3ヶ月間は月32万円を保証(年内4ヶ月間 40万円もしくは6ヶ月間 35万円から選択)
  • 固定給:18万円
  • 歩合率:59%ほど
  • 賞与:4月、8月、12月の年3回
  • 昇給:年一回

日本交通株式会社

  • 給与:182,000円+歩合給、ただし研修期間中は日給1万円
  • 給与保証:研修終了後3ヶ月間は月40万円の月給保証制度
  • 歩合率:62%

日本自動車交通株式会社

  • 給与:月給32万円以上(当社平均による)
  • 歩合率:65%(乗務手当、残業手当などを含む)

まとめ

タクシー運転手の給与体系には多くのバリエーションがあり、その中でも「歩合率」が大きく影響することが明らかになりました。歩合制のメリットとしては、努力次第で収入が増加する可能性や自らのペースでの働き方の自由度が挙げられる一方で、収入の不安定性や過度な労働、自己投資の必要性などのデメリットも存在します。

給与体系を選ぶ際は、自身の目指すライフスタイルやキャリアプランに合わせて慎重に会社を選ぶことが求められます。本記事を通じて、運転手としての経済的な側面をより深く理解し、賢い選択をしてほしいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました