転職の光と影

転職の光と影

設備管理で高年収の中小は訳ありが多い

高年収を提示する設備管理の中小企業にはどんな「訳」があるのか?業界の裏側を探り、高収入のオファーを検討する際の注意点を明らかにします。賢いキャリア選択のための必読ガイドです。
転職の光と影

ビルメンに受からない場合はフィールドエンジニアという選択肢もある

「ビルメンになりたいけど、全然内定をもらえない」という方もいるのではないでしょうか。無理もありません。ビルメンは有効求人倍率が0.8倍。5人に1人は内定がもらえないという事実がそこにはあります。この人手不足の売り手市場の中で、数少ない買い手...
転職の光と影

いろんな業務ができる人は、中小企業のほうが評価が高い

多様な業務をこなす人の価値と、中小企業でのキャリア形成を深掘り。施工管理職への転職経験者が語る実体験を通じて、中小企業での多彩なスキルの重要性と評価の高さを解説します。転職を考える方必見の情報満載。
転職の光と影

大手系列系でビルメンをしていても、大手ビルメン会社に転職できるとは限らない

大手系列でビルメンテナンスに従事していても、大手ビルメン会社への転職は保証されていません。この記事では、大手への転職を目指すビルメンテナンス従事者に向けて、必要なスキル、業界の現状、転職成功のための戦略を詳しく解説。キャリアアップを目指す方に役立つ情報を提供します。
転職の光と影

電工2種を持っているだけで、書類選考の通過率が全然違う

電工2種の資格が書類選考に与える驚くべき影響についての実話。この資格が就職や転職の道でどのように役立つのか、具体的な体験談を交えて解説します。電工2種がキャリアアップにどれほど重要か、その実態を明らかにします。
ビルメン

電験2種持ちでも経験なしだと転職は難航?有名企業の50代の転職裏話

この記事では、電気主任技術者第二種の資格を持ちながらも実務経験が乏しい50代の転職市場における現実に迫ります。資格があっても、実務経験の不足が転職活動にどのような影響を与えるのか、そして有名企業への転職を目指す際の障壁とその克服方法について...
ビルメン

電験3種持ち実務経験ありでも年収330万円。茨城県50代男性の転職エピソード

電験3種の資格を持ち、長年の実務経験を積んだにも関わらず、年収300万円という現実に直面した茨城県在住の50代男性。彼の転職体験は、多くの技術者が直面するかもしれない厳しい職業世界の一端を映し出しています。この記事では、彼がどのようにしてキ...