設備管理は雑用がほとんどという事実を受け入れなくてはいけない

ビルメン

設備管理の仕事が雑用で構成されているというのは、業界でのあまり知られていない事実です。多くの人が高度な技術や専門知識を要する業務だと考えがちですが、実際には設備の点検、清掃、小修理など、日々の雑務が大部分を占めています。

この記事では、設備管理の現場での実態と、その中での雑用の役割について深掘りしていきます。

設備管理は雑用がほとんど

設備管理の仕事は、一見すると専門的な技術や知識を必要とする職業に見えますが、実は日々の「雑用」が多いことが特徴です。ここでいう雑用とは、建物内の清掃、照明の交換、小さな修理作業など、日常的に発生するさまざまなタスクを指します。これらは一つ一つは小さな作業ですが、ビルの運営においては非常に重要な役割を果たしています。

ビルを快適で安全な状態に保つためには、定期的なメンテナンスが不可欠です。例えば、廊下の電球が切れていれば直ちに交換する必要があり、小さな水漏れも見過ごすことはできません。これらの作業は専門的なスキルを必要としないかもしれませんが、設備管理のスタッフにとっては日常業務の大部分を占め、ビルの品質と安全を守るためには欠かせないものです。

設備管理の役割は、単に雑用をこなすだけでなく、これらの小さな問題に迅速に対応することで、大きなトラブルやコストの発生を防ぐことにあります。そのため、雑用が多いと言われる設備管理の仕事ですが、それらの「雑用」がビル全体の快適さと機能性を維持する上で非常に重要な役割を果たしているのです。

具体的な雑用の内容

設備監理では、例えば下記のような雑用があります。

  1. 清掃業務 – 建物内外の掃除、ゴミの回収、共用エリアの整理整頓など。
  2. 照明の管理 – 切れた電球の交換、照明器具の清掃やメンテナンス。
  3. 小修理 – ドアノブの修理、壁のひび割れの補修、床材の修復など。
  4. 設備点検 – エレベーターや空調システムなどの定期的な点検と簡単なメンテナンス。
  5. ゴミ分別と処理 – ゴミの適切な分別と、回収日に合わせた処理。
  6. 植栽管理 – 屋内外の植物の水やり、剪定、肥料の施用など。
  7. 雪かきや塩撒き – 冬季における入り口や通路の雪かき、凍結防止のための塩撒き。
  8. 排水溝の清掃 – 定期的な排水溝の清掃と詰まりの除去。
  9. 防犯・安全管理 – 鍵の管理、不審者の監視、避難経路の確保など。
  10. イベント設営の補助 – イベントや会議のための椅子やテーブルの配置、後片付け。
配電盤
配電盤

設備管理に向いていない人

上記理由から、下記に該当する人はなかなかビルメンを長く続けるのは大変といわれています。詳細はビルメンに向いている人、向いていない人の特徴7選の記事をぜひご覧下さい。

雑用を嫌がる人

「学校や資格取得の過程で学んだことを活かしたい」という思いで設備管理業界に飛び込む方も多い鵜ですが、雑用も多いのがこの仕事です。

「技術力が生かせる仕事だけしたい」という方にはあまりお勧めできない仕事でもあります。

マルチタスクが苦手な人

ビルメンの仕事はかなり多岐にわたります。マルチタスクが苦手な方はメンタルに結構来ると思います…。下記ような仕事を1日の中で回すこともあり、タスク管理能力が求められます。

  • 日々の検針や検査
  • 機器の点検・交換
  • 電気の配線
  • 設備の清掃
  • 異常時の対応
  • 電気・ガス・水道使用量のチェックと改善への提案
  • 協力業者の管理

まとめ

設備管理の仕事は、高度な技術や専門知識も重要ですが、日常的な「雑用」が大きな割合を占めるという事実を深掘りしました。清掃、照明管理、小修理など、一見単純な作業も、ビルの快適性と安全性を維持する上で欠かせません。これらの雑務は、大きなトラブルを未然に防ぐためにも重要です。しかし、雑用を嫌がる人やマルチタスクが苦手な人には挑戦的な職種であることも理解しておくべきです。設備管理は、多岐にわたる業務を通じてビルの品質を支える重要な役割を担っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました